どんばれ Google+のみんな!

日清のどん兵衛はニッポンのうどんとそばとGoogle+のみなさんを応援しています。

どんばれCM

鴨飛んでる篇

昨年、12年ぶりに一新された「日清のどん兵衛」TVCMシリーズも4話目に突入。今年も、全編モノクロームの本格時代劇を舞台に、剣客の師匠役どん兵衛さんと弟子の旅路が続きます。今回は、つゆが決め手の“日清のどん兵衛鴨だしそば”を、どん兵衛さんと弟子が体験した不思議な出来事の回想シーンを交えてコミカルに紹介します。そして、昨年からメッセージしてきた「どんばれ」という言葉。今回は終盤に「あの鴨にはどんばっちゃたな。」と、どん兵衛さんのセリフとして登場します。「どんばれ」とはどんな意味なのか?是非CMを見て、皆さんご自身の「どんばれ」を見つけてみて下さい。

のどかな街道沿いを歩いているどん兵衛さんと弟子。「腹減ったなぁ」と、どん兵衛さん。ふと見上げると、空に鴨の雁行が見えます。すると鴨に続いて何やら不思議な動きをする物体が!?その動きを見て、いぶかしげに「あれ何ですか?」と聞く弟子に「あれは鴨だよ。」と、どん兵衛さんは何の疑いもない様子。それでも「鴨はあんな飛び方しません!」と警戒する弟子をよそに、「ありゃ鴨だよ。」「撃って食っちまおう」と、弓で捕まえようとするどん兵衛さん。
1発目の矢が跳ね返されてしまって不満げなどん兵衛さんの後ろで、ただならぬ気配に抜刀する弟子。性懲りもなく再チャレンジするどん兵衛さんの2発目はカツンと音を立て見事的中。弟子も「お見事!」の一言。すると、突然その物体から様々な攻撃装置がせり出し、ビームが放たれて、どん兵衛さんと弟子は逆襲にあってしまいます。廃屋のシーンに切り替わり、「これ食べると思いだします。」と、その道中での出来事を思い出しながら鴨だしそばを食べる弟子に、湯気の中のどん兵衛さんが「あの鴨にはどんばっちゃったな。」と自慢気に答えます。「鴨じゃないですって」と否定する弟子に「あははは」と、どん兵衛さん。最後にキラリと揺れるつゆが美味しそうな“鴨だしそば”のカットで締めます。

今回、注目いただきたいのは、どん兵衛さんこと、加山さんが弓を放つシーン。撮影では、的になる板を置いていたのですが、数回練習しただけで本番では、ほとんど的中するという名人っぷり!!遠目に離れて見ていたスタッフも思わず「おぉ~」と声を上げてしまいました。そして毎回のことながら、スタッフが思わずモニター越しに笑顔になったのが、弟子の佐藤さんが麺をすするシーン。実は、たくさんの人に見られている中で美味しそうに食べるというのはとっても難しい演技なのです。佐藤さんの食べカットは毎回美味しそうで、気づくとモニターを見ながらみんな自然と笑顔になってうなずいていました。

かき揚げ篇

10月19日、「かき揚げ天ぷらうどん」新発売。なんといっても今回のポイントは“鬼うまい”「鬼かき揚げ」。まずは食べごたえのある厚み、そして玉ねぎの甘さを残しつつも香ばしい風味は、この秋、日清食品が誇る至極の逸品です。第1話で“うどん”になってしまったどん兵衛さんですが、第2話はどん兵衛さんとの回想シーンでストーリーが展開していきます。「どんばる」とは何かを問う佐藤さんに、加山さんは明確な答えは出さないものの突然現れた鬼を剣ではなく大根で退治することで「どんばる」とは何かを伝えようとします。皆さんも是非ご自分なりの「どんばる」を見つけてみて下さい。

囲炉裏を囲むどん兵衛さんと弟子の佐藤さん。どん兵衛さんがかき揚げを揚げていると、「どんばるとは?」と、神妙な面持ちでその意味を問う佐藤さん。そんな佐藤さんに、どん兵衛さんは「どんばるとは・・・」と少しもったいぶりながら口を開きます。しかし、どん兵衛さんは笑いながら「わからんか。わしもわからん。」と、予想外の回答。かき揚げの油がどん兵衛さんにハネ当たって、「アチッ!」となったそのとき、鬼が現れ、どん兵衛さんに襲いかかります。あわてて、立ち上がる佐藤さんをよそに、どん兵衛さんは微動だにせず鍋をかぶって大根で鬼を一撃。倒れる鬼に目もくれず涼しげな顔で「いや~どんばっちゃったなぁ」とどん兵衛さん。回想シーンが終わり、うどんになったどん兵衛さんが「幸せだなぁ」と呟きます。どん兵衛さんとの思い出にひたりながら、鬼かき揚げを食べる佐藤さん。一言、「鬼うまい」と、静かながらもその美味しさに感動をあらわにします。

このシーンは24時近い深夜に撮影されたのですが、監督のカットがかかり、モニターチェックをしている間にどこからともなくリズミカルな音が!見ると、加山さんが菜箸をスティックに見立てて佐藤さんにドラムのリズムを伝授しているではありませんか。佐藤さんも、そんなおちゃめな加山さんとニコニコ談笑。早朝から深夜にわたる撮影の中で、2人の和やかな姿に我々スタッフの方が励まされたのでした。

生まれかわったどん兵衛篇

12年ぶりに一新する「日清のどん兵衛」の新CMは、全編モノクロームで構成される熱湯新時代劇。剣客の「どん兵衛」として加山雄三さん、その弟子役として佐藤健さんが登場し、「どんばれ」という言葉をキーワードにしてストーリーが展開します。CMの最大の見所は、雨の山中で撮影された、野武士達に斬りつけられた加山さん演じる「どん兵衛さん」が、“うどん=日清のどん兵衛”として生まれかわるシーン。全編モノクロームの時代劇の中で繰り広げられる、2人の本格的な殺陣シーンはもちろん、“うどん”に生まれかわった師匠の加山さんを、弟子の佐藤さんが食べてしまうというコミカルなやりとりの数々は必見です。「どんばる」とは何か?を探すどん兵衛と弟子の旅が始まります。新CMを通し、世の中のいろんな物事に励む若者に「どんばれ!」とエールを発信していきます。

雨の山中で、野武士の集団に襲われた“どん兵衛さん”こと加山さんと、弟子の佐藤さん。剣を折られ、追い詰められた弟子の佐藤さんをかばい、どん兵衛さんは野武士に斬りつけられてしまいます。息も絶え絶えになりながら、「生まれかわってまた、会おう」と弟子に言い残すどん兵衛さん。佐藤さんが天を仰ぎながら「どん兵衛さ~ん」と叫び、悲しみに打ちひしがれたその時、「生まれかわったよ」とどん兵衛さんの声が聞こえてきます。どん兵衛さんは何と“うどん”として再び佐藤さんのもとに現れます。驚く佐藤さんに「どんばれ!どんばって生きろ・・・」とエールを送るどん兵衛さんをよそに、お湯をそそぐ佐藤さん。思わず「アチッ」と声を上げるうどんになったどん兵衛さんですが、佐藤さんは「いただきます」とどん兵衛さんを食べてしまうのです。

今回はほとんどが屋外での撮影とあって天候が危ぶまれ、加山さん、佐藤さん、スタッフ一同、毎日ドキドキのロケとなりました。特に、実際に雨が降っている中での撮影となったのが、野武士に斬られ倒れた加山さんを目の前に、佐藤さんが「どん兵衛さ~ん」と叫ぶシーン。モニター越しに「これCMですよね?」と全員が感嘆するほどまるで映画かのような本格的な画になりました。今後も、加山さんと佐藤さんの本格的かつコミカルなやり取りにご期待下さい。

あなたと共に時代の先を行く どん兵衛WEBサイト

OFFICIAL BRAND WEBSITE

  • 日清CUPNOODLE
  • どんらんど
  • キッズ向けゲームと食育の「チキラー島」
  • 日清焼そばU.F.O.
  • 日清ラ王
  • カレーメシ

OFFICIAL ONLINE WEBSITE

  • 日清e-めんShop
  • カミングダイエット

NISSIN SPORTS WEBSITE

HUNGRY TO WIN

このサイトに関するお問い合わせ先:日清食品グループウェブダイヤル/0120-208-802 (受付時間:9:00~17:00 土・日・祝日を除く)

Copyright ©2016 NISSIN FOODS HOLDINGS CO.,LTD. All Rights Reserved.