つゆだけではなく、具材のおあげも東西で味を変えています。
ふっくらジューシィな名物おあげと、あとのせサクサク名物天ぷらをご紹介します。

つゆだけではなく、具材のおあげも
東西で味を変えています。
ふっくらジューシィな名物おあげと、
あとのせサクサク名物天ぷらをご紹介します。

どん兵衛の名物おあげは、お豆腐屋さんと同じ製法で作った、丸大豆を100%使用したおあげ。
丸大豆をすりつぶしてから煮立たせ、しぼりだした豆乳ににがりを加えて豆腐を作り、それを低温と高温で二度揚げして作るというこだわりようです。
だから、ふっくらしていて、厚みとジューシィさが他とは違います!

揚げたてのサクサクした食感と、エビの風味がおいしい、あとのせサクサク天ぷら。
1992年に業界初の「あとのせ式」にするなどサクサク感にこだわっています。
揚げたての食感がより長持ちする、他とは違うサクサク感が味わえます。

うどんやそばには、歴史的に東西に嗜好の違いがあります。そこで、東西でつゆの味に変化をつけたどん兵衛。全国展開の商品で地域別に味を分けたのは、初めてのことでした。東日本のつゆはかつおの風味が特徴で色も濃いめ、西日本のつゆは昆布の旨みが特徴で色も薄めとなっており、どん兵衛のつゆは東西で、見た目の色も違っています。
また、北海道地区限定で発売されている「北のどん兵衛」シリーズは、地産地消をコンセプトに、北海道産利尻昆布を使用した、口当たりが甘く、だしの効いたつゆに仕上げています。

どん兵衛は、「ストレート製法」や「3層太ストレート製法」などの日清食品の
最新技術を駆使することで、うどんやそばの品質強化に取り組んでいます。

どん兵衛は、「ストレート製法」や
「3層太ストレート製法」などの日清食品の
最新技術を駆使することで、
うどんやそばの品質強化に取り組んでいます。

東西のつゆの特徴に合わせ「赤唐辛子、陳皮、白ごま、和山椒、あおさ、金ごま、しそ」の
7つの素材の配合を変えることにより、それぞれの味わい深さを一層引き立てます。

東西のつゆの特徴に合わせ「赤唐辛子、陳皮、
白ごま、和山椒、あおさ、金ごま、しそ」の
7つの素材の配合を変えることにより、
それぞれの味わい深さを一層引き立てます。

だしの風味を引き立てる、
和山椒を利かせた華やかな香りの“彩り七味”。

しょうゆの風味を引き立てる、
赤唐辛子を利かせたピリッと辛い "彩り七味"。

商品紹介
どん兵衛ヒストリー