どん兵衛のTVCM「耳は正直篇」のフェルト版「耳は正直篇フェルト」が大変好評で「かわいすぎる!」「私も作りたい!」という沢山のお声をいただきました。
そこで、どんぎつね&げんぎつねが作れるフェルトキットを発売いたします!

こちらです!!(かわいい!)

が、フェルトって難しそう…という声があるのも事実。

そこで今回!
このふわふわしたフェルトキットの楽しさと簡単さをお伝えするため、どん兵衛大好きムキムキ剛腕・元プロレスラー小橋建太さんをお招きして、フェルト人形作りに挑戦していただきました!

剛腕豆知識【その①】
*小橋建太
伝説の「剛腕」として有名な元プロレスラー。全日本プロレスの「四天王」と呼ばれたメンバーの1人。
数々の病気やケガによる欠場を乗り越えて王者となり「鉄人」の異名を持つ。その不屈の精神で多くのプロレスファンに勇気を与え続けた。
人一倍練習熱心で、ハワイ合宿の時に弟子のレスラーから「お願いだからお土産を買う時間だけください」と懇願された。

ムキムキ剛腕・元プロレスラーの小橋さん

「小橋建太です」(笑顔)

そして今回のフェルトキットを製作されているサンフェルト株式会社さんから
講師の先生に来ていただきました!
さとこ先生(美人)です!

「やるからには全力で頑張ります!」

「はい、よろしくお願いします」

「やる気ムキムキです!」

「はい、よろしくお願いします」(冷静)

ROUND1:顔をつくる

「ではまず下地を作りましょう。このように、束になっている羊毛をほぐしていきます」

「いきなりやらずに、まずはほぐすんですね!」

「はい、ほぐします」

「あ、これって…」

「どうしました?」

「筋肉と…同じだ!」(興奮)

「そうですか。でも、手は休めないでください」(冷静)

羊毛をほぐす小橋さん(筋肉は既に準備OK)

「次はほぐした羊毛を手で丸めて、針でチクチク刺していきます」

チクチクチクチク(これは先生の手です)

「小橋さんは普段、裁縫とか針仕事はされますか?」

「針仕事はないですね…。あ、でも昔スタン・ハンセンに椅子で腕を殴られた時に22針縫ったことがあります!」

剛腕豆知識【その②】
*スタン・ハンセン
「不沈艦」と呼ばれた昭和のプロレスを代表する外人プロレスラー。右手を上げて「ウィー!」と叫ぶことが有名で日本でも絶大な人気を誇ったが、実際は「ユース!」と叫んでいるらしい。(何百回聞いても「ウィー!」にしか聞こえない。)

「それは針仕事ではないですね」(冷静)

「はい…。」

「でも22針はかなりの大ケガですね」(心配)

「先生!22針なんて大したケガじゃないです!
ちなみに僕は師匠であるジャイアント馬場さんから“プロレスラーは怪物であれ”と教わっていたので救急車には乗ったことがなかったんです。でもこの時は馬場さんの奥様が救急車を呼んでくださったので渋々乗りました」(後悔)

「普通に乗ってください」

「このケガをさせたスタン・ハンセンと引退後、あの試合から25年くらい経った後に会って、あの時22針ぬったぞ!という話をしたら、笑いながら“SORRY”と一言だけ言われました」(爆笑)

「また手が休んでますね」(2回目)

「はい、すいません」

ハンセンとの死闘を思い出しながら楽しそうに針を刺す小橋さん

ムキムキの手がチクチクしている、かわいい…。

「ときどき、手でこねて丸めてくださいね。おにぎりみたいに。」

「おにぎり…」

ご自身が出演された“恋するフォー○ュン・○ッキー”のPVのようなコネコネを再現する小橋さん(権利的に危ないからやめてほしい)

「フェルト…楽しいですね!」

「そう言っていただけて嬉しいです」(喜)

「この2体ってどれくらいで完成するものなんですか?」

「12時間くらいでしょうか」

「大丈夫ですか?きついですか?」

「大丈夫です。スタミナには自信あります!」

「素敵です」

「スタミナといえば昔、佐々木健介さんと逆水平チョップを218発打ち合ったことがあります。だから全然大丈夫です!」

剛腕豆知識【その③】
*218発のチョップ
2005年の7月18日に東京ドームで開催された佐々木健介との試合。当時「剛腕」の代表とも言える2人が真っ向からぶつかった。試合中始まったチョップ合戦でお互い一歩も譲らず、その数は218発を数えた。意地の張り合いはなんと試合後も続き、試合後の控え室で、健介さんが翌日も試合を控えているとレフェリーから聞いた小橋さんは、負けじと自分も試合翌日に道場へ。 健介さんがその日試合をすることは誤情報だったことが途中で発覚したが、引っ込みがつかずそのまま練習した。
剛腕同士の意地がぶつかった伝説の試合としてプロレスファンの記憶に強く残っている。

「フェルトとはちょっと関係ないですが、そこまでできるのはかっこいいですね」

「このチョップ合戦で、胸のところが紫に内出血してしまって…」

「大変でしたね」(心配)

「先生知ってます?内出血ってだんだん血が下におりてきて
乳首が真っ黒になるんですよ!」(爆笑)

「また手が止まってますよ」(3回目)

「フェルトの感触変わってきましたか?」

「そういえば、なんとなく硬くなってきました」

乳首の話をスルーされながらも、まんまるの玉が完成

「これで輪郭が完成です」

「よーし」(ふぅ)

「じゃあ次は目をつけていきましょう!」

「先生、先生!」

「目って、シールじゃないんですか?」

「ちがいます」

「このように羊毛を小さくちぎって目にしていきます、
これで表情が決まるので勝負所です」

「勝負所…おい林!!ちょっとアレ頼む!」

剛腕豆知識【その④】
*林さん
小橋さんのマネージャー

*ここからは画面の前のみなさんも小橋さんの入場曲「GRAND SWORD」をONにしてお楽しみください。

剛腕豆知識【その⑤】
*GRAND SWORD
1998年、チャンピオンになった小橋さんが新時代宣言をした日から使われ始めた入場曲。その後、一度他の入場曲に変わったが、2005年の佐々木健介戦で初心に戻る意味も込めて再び使われ始めた。引退後、小橋さんがゲスト解説などでプロレス会場に登場した際にも、イントロの時点で会場中が歓喜で沸き、現役の頃と変わらない熱い”小橋コール”に会場が揺れた。

「あーきた!!先生これちょっと本気だしますね?」

GRAND SWORDに包まれてスーツを脱ぐ小橋さん

とんでもない集中力で剛腕がフェルトに襲い掛かる

そして1時間後(死闘)

かわいい目が完成!(小橋さんもかわいい)

「先生はフェルト歴どれくらいですか?」

「10年くらいです」

「10年目と言うと、プロレスラーでは団体の看板になれるかどうかの時期ですね。先生もいつか、フェルト界のチャンピオンになれるといいですね。」

「手は止めないでくださいね!」
(強めの4回目)

「はい!」

「だんだん顔もできてきましたね」

「先生!作ってるうちにどんどん可愛く見えてきました!」

「そうなんです」(喜)

どんどん手際が良くなる小橋さん(むちゃくちゃ真剣)

(げんぎつねの鼻を作りながら)

「鼻といえば昔、三沢さんのエルボーを喰らって鼻を骨折したことを思い出しました、複雑骨折で鼻血が止まらなかったんですよ」(笑)

「いろんなところをケガされてますね」(心配)

「はい!!」(喜)

「顔パートのラストは耳です!」

「まかせてください!」

「オレンジの羊毛で、三角形の耳を作って頭に付けていきます」

「できました!」

ついに顔が完成!(かわいい!)

ROUND2:体をつくる

「体づくりも基本は同じです。少しずつ地道に丁寧に、作っていきましょう」

「小橋さんは真面目にコツコツできる方だと思います、すごく地道なフェルトの作業も真剣に取り組んでくださってますし、上達も早いです」(笑顔)

「!!」(嬉しそう)

「素晴らしいです」

「地道な作業の積み重ねこそが、大きな歓びを生む。
先生、フェルトはプロレスです!プロレスだったんですよ!」(確信)

「フェルトは、フェルトですね」(即答)

開始からリアルに12時間後(小橋さんがコツコツ真剣に取り組む姿に感動しました泣)

ついに、

完成!

完成!!

ついに完成!!!

「やったー!」

「やりましたね!」

「でもなんか、表情が虚ろというか…」

「いいんです!作る人によってそれぞれ違う表情が出るのがフェルトの魅力です!作った人の表情や人柄が出ます。正確に作るより楽しんで作るのが大事なんです」

「先生かっこいい…」

小橋さん作 右:さとこ先生作

「なんか…僕のやつの方が体が2まわりぐらい大きくないですか?もしかして作った人の人柄だけじゃなくて体格も出ますか?」(喜)

「出るのかもしれませんね」(笑顔)

(嬉)

「小橋さん、はじめてのフェルト作りはいかがでしたか?」

「こんなに奥深いものだとは知りませんでした!本当に楽しかったです!先生、ありがとうございました!」

「はい、ありがとうございました!」

作ったフェルトで愛おしげにプロレスごっこをする小橋さん

胸ポケットに入れて可愛がる小橋さん

逆水平チョップの上に乗せる小橋さん

そんな小橋さんの表情や体格が出た、お手本とはちょっと違った フェルト人形の完成を祝してフェルトどん兵衛グランプリのコレジャナイグランプリを開催します!

完成したフェルト人形に Twitterで「#フェルトどん兵衛」をつけて投稿いただいた作品の中から星野源さんが上手に愛情を込めて作られたものをグランプリ、そして想定よりも違った可愛らしさをもったものをコレジャナイグランプリとして選定します!

ぜひご応募ください。

コレジャナイグランプリ優勝候補かもしれないです。

〜おまけ〜

ムーンサルトプレス!!

バーニングハンマー!!

ハーフネルソン・スープレックス!!

小橋建太
剛腕フェルト列伝【完】